鶴見緑地線、鶴町地区へ延伸 イケア流のコストダウン策なるか

 大阪市はこのほどかねてより計画のあった長堀鶴見緑地線の大正区鶴町地区への延伸を正式決定した。大正区は区の端に大阪環状線・長堀鶴見緑地線の大正駅があるだけなど、鉄道ネットワークから取り残され、また工場の撤退による再開発によっての人口の増大は交通渋滞を生んでいる。そのため、長堀鶴見緑地線の大正駅からの南進が計画されていたが、大阪市の財政難などでその実現は進んでいなかった。転機となったのは鶴町地区への北欧発家具販売店のイケアの進出。開店時には大渋滞を引き起こすなどの問題があった。イケアの他の店舗では港北店を除いて鉄道駅に近接しており、より魅力ある店作りには鉄道アクセスが必要と見たイケアと、財政難の中で交通ネットワークを整備したい市の意図が一致したもの。
 イケアは本国では自前の車両を所有し貨物列車を運行することで、環境負荷とコストの削減の両立に取り組んでいるが、このスキームを延伸部に導入する予定。第三種鉄道事業者としてイケアが建設にあたり、大阪市交通局が第二種として線路を借り受け列車を運行する。またイケア流の商品哲学を導入して建設コストを削減する、としている。
 イケアの商品と同様に建設時にはシールドマシンの部材のみを搬入し、利用者となる沿線住民が組み立てる。トンネルのセグメントや駅の躯体に関してはイケアが家具の技術・素材を流用して開発する。量産が可能になった段階でカタログに載せ鶴浜店で一般向け販売を行う。これで一般人でもDIY感覚で地下鉄の建設が可能になる。周辺は木曽川と大阪港に囲まれ地下水が高く出水の可能性もあるが、ヘビのぬいぐるみを押し込むことで対処が可能という。
 また車両に関しても、車体は収納棚を15m(11個分)つなげることで、電機メーカーから電装品・走行機器を購入し、利用者自身が組み立てる。
 途中駅は泉尾・大正区役所・平尾・南恩賀島・鶴町南・鶴町北。鶴町南駅はイケア鶴浜に直結する予定。

この記事へのコメント

sionoiri
2010年03月25日 15:27
竹本テツ独りで壊すんじゃなかろうか。
kyana
2010年03月25日 21:51
1週間早いエイプリルフールみたいやな
2010年03月26日 16:02
よく考えたらじゃりン子チエの舞台にイケアというのはシュールw

検索で関係者が釣れるのを待ってるわけでw
五月原清隆
2010年03月27日 09:48
何処から某瓦斯風になるのかwktkしていたらシールドマシン組み立てかw
2010年03月27日 11:00
餘部駅や千歳飛行場なんかは住民にDIYですからね。そういう根っ子のある嘘ニュースを追究していこうと思いますw
感激の包茎手術
2010年09月15日 17:19
通常の包茎手術の料金で「亀頭強化注入法」をプラス。
日本初!女性が感動する包茎手術はここ!
キャリア23年以上の院長自ら手術します。
当院の施術は入院の必要は一切なし。遠方からでも日帰りで来院可能です。
「亀頭直下埋没方」を進化させたEST式包茎手術だから、自然な仕上がり。
http://www.chuoh-clinic-yokohama.com/
http://www.estclinic-mens.com/

この記事へのトラックバック