アンチメタボをうたった住宅地登場

 メタボリックシンドロームとそれの関連商法が社会問題化しているが、このほどメタボリック症候群を防ぐ効果がある住宅地が発売された。この住宅地はちょうどバブル期に開発された山梨県内のもので、20年近くにわたって売れ残ってきたが、あえてその特性を生かすことで在庫処分を謀るという。
 この住宅地は元はしあわせヶ丘とと呼ばれたが、近い駅まで行きは徒歩30分、帰りは上りなので45分、そこから新宿まで2時間という交通の便に恵まれた場所である。またアクセス道路は国道とはいいつつ酷道であるため、車が入れるのは家から徒歩20分のところまでである。このため地方在住者にありがちな、「車に頼りすぎて運動不足」という自体も防げるという。
 販売業者ではアンチメタボの効果を検証するための山梨健康福祉大学の協力のもと、学生を売り地に住まわせアンチメタボの実験を行った。結果は、街に降りようとした学生が道に迷い三日間も山中を放浪した結果、内臓脂肪を使い果たして発見されたり、出不精になった学生が飢え死に寸前で保護されるなどめざましい効果があったという。
 業者ではこの結果を重視し、現地でビリーズブートキャンプの本人を招いたデモを行うなどメタボリック症候群と闘う姿勢を前面に押し出したキャンペーンを行っていく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 住宅地選びは道路も確認しましょう

    Excerpt: 路殺のことは紹介しましたが、住宅と道路の関係について再度説明します。住宅はなるべく道路から、離れた場所に建てるのが理想です。これは門付きの大豪邸でない限りまず無理でしょう。このような土地を安く見つける.. Weblog: 注文住宅の最高の選び方 racked: 2007-05-28 07:35