ここは酷い配当金ですね

画像

(ノ∀`) アチャー
というわけで配当がやってきたのれす
そういやD223って完全にこけたんだったっけ。次世代型新快速
敦賀延伸にあわせて140km/h化とかなんとか
なんか高速化ということがタブーになってるけどそれはおかしいと思う
高速化とそれによる乗客アップでの収益増が見込めるのであれば
これに見合うだけの抜本的な設備投資をすることになる
そして高速化のための設備投資ということは安全に資するものでもある
能動的に鉄道会社を安全投資に向かわせるためにも
やはりスピードアップという方向を塞ぐべきではないと思うんだはどうであろうか
同封のレポートにはそういう話は一切載ってはいなかった
ATS-Pだって言われたから付けてるだけだろうけど
今付けてるのは閑散路線ばかりでPの意味がない
あとこのレポート、以前は新快速や500系新幹線の写真が誇らしげに掲載されてたけど
事故以来まったくそういうのはなくなってしまった
本当にそれでいいのか。利用者が望む酉なのか
より高みを目指して得られるものが安全じゃないのか
民鉄の傘下の在阪メディアなどに耳を貸さずもう一度自分の信じた道に立ち返って欲しい
縮小均衡で得られるものなんてないんだからね

酉に是非ともして欲しい高速化の投資なんだが
・駅の構内配線の整理
なんだかよくわからない側線を撤去して速度制限緩和
・線形改良
宝塚線みたいに無理に複線化したところに多い変な線形の改良
・変電所増設とモーター増設
変電所不足で加速度を落として運用するので遅れが増大する
なので変電所を増設して223の廉価版ではモーターを4個搭載にして
民鉄並みの加速度にすればダイヤの維持も楽になると思う
・D-ATC
ATS-Pに拘泥するよりは一足飛びにD-ATSにしたほうがいいと思う

あと宮島航路は広電系のと統合したほうがいいんじゃないでしょうかね
コンスタントに赤字出してるとこを考えると・・・

国鉄の思い出 | 福知山線
http://blog.kansai.com/kouzou/57

ほくほく博士14 平成18年 豪雪の記録
http://www.hokuhoku.co.jp/4hakase/11-20/14.html

Kojii.net - Opinion : "正しいこと" と論理飛躍の怪しい関係 (2006/12/11)
http://www.kojii.net/opinion/col061211.html

厳島保存管理計画 対岸の景観を考える時
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200611120128.html
結構深刻な問題だよなあ

横浜南区のがけ崩れ-調査速報-
http://www.jecc.co.jp/topics/kb/yokohama/index.html
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

( ;^ω^)<へいわぼけ: 「ウィニー」開発者13日判決 著作権侵害の意図、焦点に
http://www.heiwaboke.com/2006/12/13_2.html
幇助でなんでもタイーホってのは恐い

すべらない名無し | 修学旅行の思い出
http://by774.blog73.fc2.com/blog-entry-1447.html
(´Д⊂グスン

「焼き肉のたれ」で3週間生き延びる (2ちゃんねるニュース)
http://2ch-news.com/2006/12/11_2004.php
センター試験の帰りに山上の神戸大学のキャンパスから間違って別に道にでて
大縦走して遭難しかかり気づいたら本来の最寄り駅から数駅先に出てきた
そんな愉快な友人がいたなあ、などと
政令指定都市で遭難、もはや神戸だけの特権ではあるまいがなw

ITmedia +D LifeStyle:ソニー稲沢テックに見る、モノ作りの復権 (1/3)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0612/11/news009.html
パネルはさておき画像回路のできが重要だなあと
国内産の復権ってのは非正規雇用(ry

【土木と】現場監督だけど質問ある?【料理】
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/recipe/1081999912/

( ;^ω^)<へいわぼけ: 車にひかれた男性「救急車呼びましょうか」→「なもんいらね。じゃあな」→別のトラックにはねられ死亡
http://www.heiwaboke.com/2006/12/post_478.html

「漁をするサル」死ぬ 愛知のモンキーセンター|話題|社会|Sankei WEB
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/061211/wdi061211001.htm

asahi.com:小笠原で海鳥が大量死 外来クマネズミが襲う??-?暮らし
http://www.asahi.com/life/update/1211/003.html

apa.com アンロック サービス
http://apacom.cocolog-nifty.com/blog/

asahi.com :be between - be-business テーマ:自治会 及び腰でお付き合い
http://www.be.asahi.com/20060930/W17/20060922TBEH0009A.html

asahi.com:鉄道のごみ箱 消える・変わる - マイタウン愛知
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000000612110003
ちょうど銚子電鉄の話が出たときにプレスリリースがあがったから
たかがゴミ箱に一億円って感じでJR倒壊の金満っぷりが目立ったな

asahi.com:京都市庁舎、倒壊の恐れ - マイタウン京都
http://mytown.asahi.com/kyoto/news.php?k_id=27000000612110003

asahi.com:1991年12月浜田自動車道開通 - マイタウン島根
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000612110003

道徳やしつけの根拠を自然科学に求めるべきではない
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1164299987
「科学」というものの社会に対する影響力が弱ってるのかなあ
というよりも道徳ってものの基盤が脆弱になってるのかな
だからエセ科学に頼るというわけか

asahi.com:小笠原就航断念で海運会社を提訴?-?社会
http://www.asahi.com/national/update/1211/TKY200612110085.html
(ノ∀`) アチャー

asahi.com:鹿島鉄道、廃線の危機 継続めざし住民らが新会社 ?-?暮らし
http://www.asahi.com/life/update/1211/001.html
ちゃんとキハ601の写真を取り上げるところがよくわかっているw

松浦晋也のL/D: 「はやぶさ2」実現に向けて
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2006/12/2_85f1.html
久しぶりの日本オリジナルの「科学」なのにこのままでは・・・

asahi.com: 米シャトル打ち上げ 7人搭乗、宇宙ステーションへ?-?サイエンス
http://www.asahi.com/science/news/TKY200612100082.html

日本産サンショウウオと飼育
http://sansyo.info/

YouTube - On A Wednesday Night in Tokyo
http://www.youtube.com/watch?v=IuMTMXlNEjQ&mode=related&search=
井の頭線ではよくあること

鈴木俊一の挑戦―東京を甦らせた行革と自治 (1982年)
戦前の内務官僚の実態がよくわかるなあ
ていうか県庁の幹部ですら応召されてたんですなあ
応召された先ではそれなりの待遇と役割が用意されてたようなんだけど

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

五月原清隆
2006年12月12日 01:58
JR西日本からスピードを取ったら何が残るんだと小一時間(以下略)。運賃ダメ、ターミナルダメ、スピードダメでは、JR西日本を利用する意味がありません。これで、阪急が京都線や神戸線で120km/h運転なんか始めた日には、新快速\(^O^)/オワルでしょうな。
因みに、鉄ヲタが望むJR西日本の姿は、飽くなきスピードアップに向けての死屍累々です。在来線160km/h運転まだー(AAry

>井の頭線
とっとと発車しる!( ´゚д゚`)
2006年12月12日 02:19
新快速は流して走ったところで阪急相手でも勝てるでしょうね。とりあえず前向きな投資が減って縮小均衡すれば、設備の老朽化による破局が来るはずです。それが怖い

労働収容所組合
2006年12月12日 23:06
御注進。俺が学館の運営をクビになるらしい。が、雇われた覚えもないのにどうやってクビにするのか。取りあえず無視しとく。

この記事へのトラックバック